>注目記事>鳩の生態を知って対策を行おう〜繰り返す被害にストップ〜

警戒心が高いからこそ人里に住み着く鳩

警戒心が高い鳩が人里に住みつく理由として、天敵になる動物がおらず隠れる場所も餌も豊富なため簡単に住居に住みつくとされています。しかし、一度住みつかれるとなかなか出ていかないので、被害の拡大が考えられてしまいます。

鳩が巣を作るまでのステップ

鳩

安全確認を行う

鳩は警戒心が高い為、まず巣を作る前に周囲の安全確認を行います。

待機場所の確保

鳩が安全だと思える場所が決まったら、そこを待機場所として確保します。

ねぐらとして確保

安全を確保した鳩は、その場所に定住し始めます。明るい時間に来ていた鳩が夕方その場所へやってくるようになります。

巣を作る

3日から4日かけて巣を作ります。枝をしっかり積んで作る鳩もいれば、ただ散らばせた程度で終了の鳩もいます。しかし、どちらの場合も住まいの快適さを失うことになりかねません。

作った巣に卵を産む

巣作りを終えると、およそ3日の内に卵を産みます。鳩が巣を使う期間はおよそ1カ月半です。

鳩の巣をむやみに駆除すると法律違反になる

鳥獣保護法という法律があり、個人が許可なく鳩を駆除してしまうと鳥獣保護法違反になります。

鳩の生態を知って対策を行おう〜繰り返す被害にストップ〜

ハト

鳩は自分が安心できると感じる場所に巣を作る

鳩は警戒心が高い動物なので、安心できる場所が見つかるとそこに定住してしまいます。特に人間のクラス場所は天敵となるカラスや鷲などの被害が少なく、ダスト付近は暖かく人里なら餌も豊富なため住み着いてしまいます。

女性

ベランダなどには身を隠す場所がたくさんある

ベランダには鉢の裏や隙間にダストの近くなど、隠れる場所はたくさんあります。カラスや鷲など天敵にも見つかりにくく安心して生活できることから、ベランダを選んで鳩が住み着いてしまいます。

鳩

早めに対策アイテムを使っておこう

ベランダに糞をされて困っている人は糞害防止マットを使用したり、窓に天敵である蛇のフィルムを貼って怖がらせてるといいでしょう。また、鳩が嫌いな臭いや脚に付着すると不快なゲルシールを設置するといった方法もあります。

ハト

鳩の対策アイテムは数多くの種類がある

鳩対策のアイテムはたくさんあり、大手通販サイトでは実際にプロが使用しているアイテムを家庭用に作った商品から、人には安全のゴムタイプの棘が付いた鳩除けマットまで家庭に合わせて使える様々なアイテムがあります。しかし、どれも完全に住みついた場合には難しいので、業者に任せるという選択肢も検討しておくべきです。

鳩対策で利用できるアイテムを比較

鳩除けジェルシート

鳩除けジェルシートは、鳩の5感に働きかけるので効果が高く学習能力の高い鳩は二度とその場所に来なくなる可能性が高い対策方法です。

鳩除けマット

ゴム状の棘がびっしりついたマットで、糞害に悩むご家庭に使用されています。ただし、マットを設置していない場所に巣を作る可能性もあるため、完全に対策ができるわけではないと覚えておきましょう。